>

着物の種類を知っておこう

フォーマルな着物

格の高い着物として、礼装・正装にあたる黒紋付、黒留袖、色留袖、振袖があります。
既婚女性の第一礼装が、黒留袖で、主に新郎新婦の母・親族が着用し、染め抜きの五つ紋、白の比翼仕立てにします。
5つ紋の入った色留袖も第一礼装となり、格式よりも華やかさを意識しています。
未婚女性の第一礼装となるのが振袖で、華麗な模様と長い袖が特徴です。
成人式や結婚式、フォーマルなパーティーで着用されます。
第二礼装には、訪問着や付け下げ、色無地があげられます。
結婚式、お見合い、茶会など華やかなお呼ばれの場所で着用されます。
訪問着は、上半身とすそに絵羽づけ模様が入っています。
付け下げは、訪問着よりも格は下がり、絵羽づけを簡略化したものです。
色無地は、地紋のある生地を黒以外の無地一色で染められたものです。

カジュアルな着物

外出着で着用することができるのは、小紋、付け下げ小紋、紬や浴衣などです。
小紋とは、全体に同じ模様がある着物です。
現在は型染め全般を指し、大きな柄であっても型染めであれば小紋とされています。
付け下げ小紋は、何枚もの型を使い、袖、身頃に天地のある柄付けで染めています。
小紋友禅は、型染めは問わず、色彩的に染めています。
紬は、節のある糸で塙や格子などの模様に織りあげています。
農家が自家用に作っていたという経緯があり、素材にこだわった高級品であってもカジュアルな着物とされています。
浴衣は、木綿生地を染めて、単衣に仕立てています。
湯上りに着ていたリラックスウェアのため、最もカジュアルな着物とされています。
紬や浴衣は街歩きにもおすすめです。


この記事をシェアする